普通の通貨とビットコインの違い

ビットコインのその仕組みは、普通の通貨とは違いがあるのでしょうか?
これは大いに違いがあります。
ビットコインを購入する前に、これら違いは知っておくと安心です。

まずビットコインは仮想通貨になります。
普通の通貨との違いは、その通貨の実物がないこと。
最近は実物を通さないキャッシュレス決済も増えていますが、それでも円やドルなどには硬貨も紙幣もあり、いざとなれば現金での支払いも可能ですよね。
しかしビットコインにはそれがありません。
これの紙幣や硬貨はありませんから、基本的にキャッシュレスでの支払いオンリーとなります。

これでもし相手に何か支払いをするなら、相手が持っているウォレットというビットコイン用の管理ソフトまで、自分が持っているビットコインからいくらかを送金するという形になります。
結局は自分が持っている通貨の一部を渡す形になる点は普通の通貨と共通ですが、その支払い方が少し特殊になる点はよく知っておきたい違いです。

このほかには、ビットコインにはその通貨の管理責任者がおらす、その価値の保証や裏付けがないことも、普通の通貨との違いです。
円やドルなど、これを発行しているのは各国の中央銀行ですよね。
中央銀行がその通貨の管理をしてくれるため、使用者となる人たちはその管理を自分たちでやる必要はありません。
逆に、自分たちが勝手に円やドルを作るといった行為はNGになります。
そうすることでその通貨の価値を国や中央銀行が保証する形になり、その価値が変動しにくくなっています。

これに対してビットコインは、管理している特定の責任者がいないのです。
仮想とはいえ通貨ですが、これはどこかの国や中央銀行が発行しているものではありません。
考案や開発は民間で行われた形になり、それがリリースされた後は、有志のユーザーが管理の手間を行っています。
このユーザーも絶対にビットコインの管理をする責任などは特にありません。
そういう意味では責任者とは言えない相手です。

このような仕組みになっているため、普通の通貨ほどその価値の裏付けもない通貨になります。
だから通貨として本当に使えるのか、慎重な意見もあるものの、これまでの運営状況では1BTCに日本円で100万円以上の値がつくなど、その価値は市場からある程度の評価をされています。
ただ、その価値の保証や管理などをしている相手はいないことは、普通の通貨との違いとして知っておきたいポイントです。
ビットコインの取引所でビットコインを買っているユーザーは、これら違いを了解の上で購入している方がほとんどですから、購入前にこれらはチェックしておきましょう。