ビットコインの管理者

円やドルにはそれを管理している中央銀行がありますが、ではビットコインは誰が管理している通貨になるのでしょうか?
これについて、明確な管理者はいないのです。
管理者がいない通貨を正常に利用できるのか、ここは疑問がありますよね。

ビットコイン関係の話で重要なポイントは、ブロックチェーンです。
これは鎖のように情報をつないでいるシステムのことで、この中に書き込まれた情報はインターネット上で公開されています。
そしてこの中に書き込んだ情報は、第三者によって書き換えられたり、一部の情報が抜き取られたり、破棄されたりといった心配がありません。
ブロックチェーンは誰も変更を加えられない、インターネット上の台帳になります。

これまでのビットコインの取引記録は、すべてこのブロックチェーンに記載されています。
そして今新しくやろうとしている取引の内容も、新しい取引記録として、ブロックチェーンに追加されていくのです。
この台帳に書かれた情報は誰にも変更ができないため、誰も管理しなくても不正などが起こらないわけです。
このような基本的な仕組みのほか、この台帳はインターネット上で公開されているため、全世界から内容を監視されている状態になります。
24時間、世界中のユーザーから監視されているからこそ、不正などを行えないという台帳のシステムにより、ビットコインは稼働しています。

とはいえ、現在までのところの取引記録はすでにブロックチェーンに加えられていますから、誰も管理する必要がないのは明白ですが、これから新しい情報を加えるのは、その情報の検証作業が必要です。
これまでの取引記録と矛盾する内容はこの検証作業で否認され、正しい情報だけがブロックチェーンに加えられます。
これには人手が必要なのですが、こちらは有志のメンバーによって対応されています。

この作業を行い、それを成功させると、報酬として新しく発行されたビットコインをもらえます。
これを目的にやっている方がほとんどですが、これらメンバーもビットコインの運営責任者というわけではありません。
この承認作業はメンバーの自由意思で参加が可能で、途中でやめてもOKです。
このような条件で、ビットコインの承認作業をやりたいメンバーが世界中からアクセスし、この運営作業にあたっています。

このようなわけで、ビットコインには明確な管理者はいません。
強いて言えば、この仮想通貨に興味があったり、実際に所有したりしているメンバー全員での共同管理という形になるでしょう。
このような民間発のデジタル通貨となるのがビットコインです。