ビットコインの人気の理由

ビットコインには明確な管理者もおらず、その価値の裏付けもないデジタルな通貨なのですが、それでも一定の人気があり、これを買っているユーザーもいます。
その人気の理由はなんでしょうか?
非常に大きいのは、仮想通貨ならではの特徴があることです。
特によく言われるのは、送金が早いことや、手数料が安いこと。
これは仮想通貨ならではのメリットになります。

法定通貨で送金すると、それを銀行に依頼する手間がありますし、依頼をしたあとでも送金が完了するまでに時間がかかることも多いですよね。
特に夜間など、一般的に銀行が閉まっている時間帯に送金しようとしても、そのリクエストがただちに処理され、送金が完了するわけではありません。
また、送金先が海外だと国内のみで送金するときより中継する銀行の数が多くなり、非常に時間も手数料もかかります。

このように法定通貨の送金にはどうしても時間がかかりがちだったのですが、これを大幅に短縮できるのが仮想通貨のメリットなのです。
ビットコインの送金は最短で10分でできます。
銀行による送金よりもずっと早いわけです。
しかも金融機関を仲介していないため、手数料もそこまでかかりません。
このような仮想通貨の基本的なメリットがあるため、ビットコインには一定の人気があるのです。

このような仕組みとしてのメリットのほか、ビットコインは一番最初にできた仮想通貨として有名です。
そのためビットコインは仮想通貨の代名詞として非常によく紹介されていますから、もっとも代表的な仮想通貨として人気が高まっています。
これも非常に大きな理由ですね。

なぜなら、先にご紹介した送金の早さや手数料の安さですが、ビットコインでは最近送金が以前よりも遅れやすくなり、その関係で手数料も少し高くなっているところがあります。
これはビットコインの人気が高くなり、利用するユーザーが増えた関係で送金処理が追い付かなくなっているのが原因です。
このような状況にあっても、ビットコインはやはり人気です。
その理由としては、仮想通貨の代表としてよく注目されており、多くのユーザーから興味を持たれていることが大きいですね。

そのほか、ビットコインは仮想通貨の第1号として他の種類よりも稼働期間が長いですから、比較的社会の中にも浸透しています。
現実のショップでビットコインでの支払いを受け付けているお店も現れており、実際に通貨として使える機会が多い種類にもなっています。
このような理由で、ビットコインには一定の人気があります。