ビットコインの公開鍵

ビットコインには管理責任者がおらず、改変不能なWeb上の台帳と、有志の作業者による承認によって運営されているデジタル通貨です。
これのおかげで、ユーザー同士で気軽に送金ができますし、銀行などの決定によりその通貨の価値や運営方針を一方的に決められることもありません。
しかし管理責任者がいないと、不正な利用などが起こらないのか、疑問もありますよね。
そのようなことが起こらないよう、ビットコインにはセキュリティ上の設定がきちんとしてあります。
その設定の1つが公開鍵となります。

公開鍵とは何かというと、もう1つのカギとなる秘密鍵とセットで機能するもので、要はビットコインの所有者情報をデジタル上で明確にし、他人による不正送金や盗難を防ぐための基本的な設定となるのです。
公開鍵の特徴は、そのカギが公開されていること。
カギとは普通は秘密にするものと思いますよね。
これは問題ないのです。
もちろんビットコインでも所有者情報を明確にするため、誰にも知られてはいけないカギもあります。
それが先にも少し触れた秘密鍵になるのですが、そちらは公開されておらず、ユーザーも決して他人に知られないように管理するのが基本ですから、公開鍵の方は知られても特に問題はありません。

むしろこちらは基本的に公開されているカギとなりますから、管理についてはあまり気にしなくて問題ありません。
公開鍵はよく銀行の口座番号にたとえられます。
これは自分のお金が入っている口座の情報を示すものですが、仮にこれが他人に知られたとしても、口座の中のお金を不正に引き出されたりはしませんよね。
公開鍵とはそのようなものですから、絶対に誰にも知られないように管理するといった対応は無理に必要ありません。

この公開鍵の役目ですが、これはビットコインのアドレスを作る際に使われます。
ビットコインのアドレスとは、その持ち主のウォレット情報を示すものです。
ビットコインはデジタル上の通貨ですから、これを誰かに送るときには、メールを送るときのようにアドレスに向けて送ります。
このアドレスは、ビットコインを管理するためのウォレットの情報を示すものです。
自分が持っているウォレットのアドレスにビットコインを送ってもらうと、デジタル上にしかないビットコインを受け取れるというわけです。

このアドレスを作るときに、公開鍵が使われます。
これ単体では意味があまりないのですが、秘密鍵とセットで使うことで、デジタル通貨となるビットコインの所有者情報を明確にできます。