ビットコインの秘密鍵

管理責任者がおらず、硬貨や紙幣などの実体もないデジタル上の通貨となるビットコインについて、所有者情報を明確にするためにとても大事なのが、秘密鍵です。
これのおかげでビットコインを他人に不正使用されたり、勝手にウォレットから送金されたりすることがなくなります。
秘密鍵とは、そのウォレットについている秘密のカギになります。
ビットコインをどこかに送金するときには、この秘密鍵の情報が必要なのです。

秘密鍵と対になる公開鍵は銀行の口座番号にたとえられますが、秘密鍵はその口座の暗証番号にあたります。
これがあるとその口座からお金を引き出せますよね。
これはビットコインのウォレットでも同じです。
ですから秘密鍵の情報を他人に知られない限り、もう1つの公開鍵をどれだけ知られても、自分のウォレットからビットコインを勝手に送金されることはありません。
このような仕組みのおかげで、銀行のような管理者がいない中でもビットコインの所有者を明確にし、不正送金などが起きないようになっているのです。
ビットコインの基本的な仕組みとして、押さえておくといいでしょう。

このことから、秘密鍵は絶対に他人には知られないように管理するのが基本です。
公開鍵と違ってこちらは基本的に公開されていませんが、それが外部にもれないよう、ユーザーでも注意して管理しましょう。
もしそのウォレットの情報を誰かに聞かれたとしても、秘密鍵のことは決して話さないようにしてください。

万が一この情報が他人にもれた場合はどうなるでしょうか?
ビットコインの送金は公開鍵と秘密鍵の2つがセットで揃って、初めて可能になります。
このときに公開されていないのは秘密鍵だけですから、もしそれが他人にもれた場合、それを知ったユーザーはそのウォレットから自由にビットコインを送金できる状態になります。
つまりいくらでも不正送金が可能なのです。
このときに注意したいのは、所有者情報を見分けるのは秘密鍵が基準になっているため、もしそれを第三者に知られて悪用された場合、それはシステムとしては不正送金として扱われないことです。

そのウォレットの秘密鍵と公開鍵がセットになっていれば、そのウォレットの持ち主からの送金指示として機械的に判断されますから、それが本当は不正送金だった場合でも、正当なリクエストとして処理されます。
このようにビットコインは秘密鍵によって不正使用を防ぐ仕組みになっていますから、もしこれを利用するときは、不正使用をされないようにこちらのカギの管理は注意して行ってください。