ビットコイン取引所の使い方

ビットコイン取引所の使い方はどうなっているのでしょうか?
大事なのは事前に利用登録をすることです。
これが終わらないとビットコインの取引所は使えません。
利用登録の流れは簡単です。
よくある会員制のサービスの登録と同じで、まずは利用者情報をサービス側に申告します。

このときに必要なのは、氏名、住所、連絡先といった個人情報です。
まずは最初にメールアドレスを登録し、そのアドレスに来たメールのリンクから本登録画面に進むことが多いです。
最初にメールを受け取るアドレスが必要ですから、これを持っていない方はまずそのアドレスを作るところから始めるといいでしょう。
このアドレスは無料のWebメールでもOKです。

登録するときには本人確認用の資料も必要になります。
この資料とは、たとえば運転免許証や健康保険証、マイナンバーカード、パスポートなど、一般的に身分証明書として使える証明書になります。
住民票の写しや印鑑証明書を持っている方は、そちらでもOKですが、発行から6か月以内など期限がありますから、その期限内のものかどうかに注意してください。
この中のどれかの身分証明書を提示できると、受付が完了します。
あとはその住所まで郵便物が送られてきますから、これを受け取れば完了です。

登録が終わると、そのビットコインの取引所を正式に使えるようになります。
使い方は、まず自分の口座に入金するところからスタートです。
ここでは取引所の仲介のもと、ビットコインを買いたい方とそれを売りたい方とで直接取引ができるのですが、そのための日本円やビットコインはあらかじめその取引所の口座に入れておかないといけません。
日本円を入金するときは、銀行振込が基本です。
ビットコインを入金するときは、自分が持っているウォレットからその取引所の口座のアドレスまで送金してください。
これで自分が持っている口座に日本円やビットコインを入金できます。

これが入っている状態で取引を実行すると、マッチングした相手と取引ができます。
実際の決済は取引所が仲介し、日本円とビットコインを交換してくれますので安心です。
取引の内容的には一般のユーザーと売買をした形になりますが、ユーザーとしてはサイト上の画面操作だけで簡単にビットコインの売買ができたように感じられるでしょう。
このようにビットコイン取引所の使い方は、まず利用者の登録をし、それが終わったら口座に日本円やビットコインを入金した上で、取引の実行をするという流れになります。